« 浅葱アクキー絵ほか2枚 | トップページ | 13000hitありがとう絵 »

5つの種族と2つの上位種族

「僕ら"星の子"は元より、そんなに"元の姿"でいないんだ。時がたてば姿なんて変わって当たり前さ。もっとも、"星の子"でないものと根っこのところから混じるだなんて、きっと"星の戦士"は想定外だったろうけど。」

*エテル時代のカービィ達*

Photo



ポップスターが滅びる前は、カービィ族は1つの種族でした。
しかし惑星エテルに移ってからのカービィ達は環境に合わせて進化・分化し、無数の姿に分かれました。やがて、体に特徴を持ったカービィ達を、特徴ごとに大まかに5つの種族として分類するようになったのです。
それが、基本種族

昔と変わらぬ姿を持つ、純粋なカービィ族たるエレメンタリィ
地に住む獣や爬虫類の特徴と尻尾を持つ、半獣族たるジュリーヴ
水に住む魚や両生類、海獣の特徴と鰭を持つ、半魚族たるアミルテ
羽毛の生えた翼と鳥の足、両目の下の紋様を持つ、半鳥族たるルネリシーゼ
翅や触手の他、他種族に無い器官を持つ、妖精族たるフィフィアリス

となります。


また、ある時から、魔法石と魔法を基盤とした文化が発達する中で、魔法石と共鳴し、使い魔を生む者たちが現れました。
ある時から、一度死んだ魂が「天界」において今一度生を受け、背に美しい翼を生やして受肉した者たちが現れました。
それらが、基本種族から変容した上位種族

石と生きる魔法使いたるメメント
神と妖精族に仕える半霊たる天使

となります。


各種族間で子が生まれた場合、何故か両親どちらかの種族どちらかの特徴だけを引き継ぐことが多く、子がハーフとして生まれてくる確率はおよそ2割だと言われています。
また、ハーフとして生まれた子は、次の世代を残す能力を失います。


*各種族の詳細*
今度書くからまって♡

« 浅葱アクキー絵ほか2枚 | トップページ | 13000hitありがとう絵 »

世界観個別記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500717/66086560

この記事へのトラックバック一覧です: 5つの種族と2つの上位種族:

« 浅葱アクキー絵ほか2枚 | トップページ | 13000hitありがとう絵 »

↑キリ番みたいなの踏んだ人、ご一報頂ければなんか描きます。